SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ユース五輪、交流にも力 初の大会 シンガポールで

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「asahi.com(朝日新聞社):ユース五輪、交流にも力 初の大会 シンガポールで - スポーツ

8/14からシンガポールで行われる夏季ユース五輪の第1回大会の記事が掲載されています。

 大会の創設はロゲ会長が07年のIOC総会で提案し、承認された。「世界では肥満の人が10億人を超し、子どもたちはテレビゲームに夢中だ」。若者をスポーツに振り向かせ、同世代との交流を促す。反ドーピングや五輪精神を学ぶ機会に、との願いも込める。全選手に往復航空券の支給を約束するほどIOCは力を入れている。

 目玉となるのが文化・教育プログラムだ。「チャンピオンとの会話」では、陸上女子棒高跳びで世界記録を持つエレーナ・イシンバエワ(ロシア)や「模範選手」に選ばれたテニスの杉山愛さんらと対話する機会がある。1日がかりで島に出かけ、いかだづくりや岩登りで力を合わせる冒険体験も。交流を促すために、選手村の部屋はインターネットがつながらない。

 日本は71選手を派遣する。今夏のテニスのウィンブルドン選手権ジュニア部門で準優勝した石津幸恵(茨城・土浦日大高)は「金メダルを狙う」と話し、教育プログラムについては「英語は得意じゃないけど、外国の選手と交流したい」と意気込む。