SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

第30回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季第4日目080330

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/29:第30回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季第3日目の結果が掲載されています。
男子200mバタフライ、大林が短水路高校新…水泳JO杯
18歳以下で行われるチャンピオンシップ(CS)の男子200mバタフライで、大林一樹選手(スウィン埼玉)が1:53.46の短水路高校新を樹立。松田丈志選手(ミズノ)の記録を5年ぶりに更新した。
男女総合はスウィン埼玉が、旧名称のイトマン埼玉時代以来2年ぶりの優勝。
最優秀選手は男子が大林選手、女子はCSの百メートル背泳ぎで短水路日本新をマークした酒井志穂選手(BSS古賀)が選ばれた。
大林が200バタで短水路高校新=競泳
男子400mメドレーリレーでは、スウィン埼玉(桜井、林、大林、牛島)が3:39.08の短水路高校新を樹立。