SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

法政大水泳部員が合宿所で大麻所持の疑いで逮捕

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/28:法政大学水泳部の大学1年の男子学生が、東京・八王子市にある水泳部の合宿所で大麻を所持していたとして警視庁に逮捕されたとのこと。

 逮捕されたのは法政大学の水泳部に所属する大学1年の男子学生(19)。
水泳部の合宿所の部屋で大麻およそ2グラムを所持していた疑いが持たれている。

新宿区歌舞伎町のカラオケボックスで、忘れ物のかばんの中から大麻が見つかり、事件が発覚。その後の捜査で、カラオケボックスの防犯カメラの映像などから、このかばんを男子学生が持っていたことが分かり、警視庁が28日午前、水泳部の合宿所でこの男子学生を現行犯逮捕した。

取り調べに対し男子学生は、「自分が使用するために持っていた。知り合いから譲り受けた」と容疑を認めている。

・「法政大水泳部の男子学生逮捕 | ロイター

【Comment】
日本選手権直前のこの時期に....なんてことなんでしょう。(日本選手権前じゃなくてもダメだけど。)
海外のドーピング事件を笑っていられません。