SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

競泳日本代表暴力問題:小関選手が優秀賞辞退 水連に申し入れ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/1/18:小関也朱篤選手(25・ミキハウス)が昨年の日本代表合宿で暴力を振るった問題で、日本水泳連盟が2017年度の成績優秀選手らに贈る表彰の辞退を申し入れたとのこと。

連盟は競技の記録上の表彰として、優秀選手としての扱いを取り消さない方針を示している。

 小関は昨年7月にブダペストで開かれた世界選手権の男子200メートル平泳ぎで銀メダルを獲得。同11月の短水路ワールドカップ男子50メートル平泳ぎでは日本記録を更新した。連盟はこれらの成績を評価して、小関を今年度の優秀選手に選んだ。しかし、暴行問題を受けてミキハウスは昨年末、3月末までの代表活動自粛などの処分を科した。本人と相談した上で受賞辞退と表彰式欠席を申し入れていた。