SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

新型コロナウィルス感染防止関連:日本水泳連盟マスク1万7000枚を寄贈 他

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/4/27:日本水泳連盟は、中止となった日本選手権用に準備したマスク1万7000枚を、東京都に寄贈することを発表した。

  • マスクを寄贈する先は東京都の病院経営本部。
  • 青木剛会長は「水泳の競技会で感染者を出さないように準備したものですが、命をかけて新型コロナウイルスと戦っておられる医療現場、医療従事者の皆様に対して、微力ではありますが、日本水泳界ができる貢献として寄贈させていただきます」

・「競泳平井HC「深刻なダメージ」コロナ拡大で危機感 - 水泳 : 日刊スポーツ

  • 平井伯昌ヘッドコーチは、高校総体中止を受け「選手たちの気持ちを考えるとつらいが、これは致し方ない。大会の開催は試合を行うだけでなく、交通や宿泊もあるのでやむを得ない。スポーツに限らず、若い人が一生懸命に過ごしてきた貴重な1年がこうなってしまって残念です」
  • 「今回の中止で影響があるのは代表クラスというよりも次代を担う選手たち。高校3年でグッと伸びる選手もいる。その選手が力を試すところがなくなる」
  • 「今はスイミングスクールが営業できない。経営が大変。水泳は学校体育だけでなく、社会体育との両輪で伸びてきた。その基盤が大丈夫かどうか。事態の長期化で深刻なダメージがある」

・「【選手はいま何を思う】競泳・白井璃緒「こんな危険な状況で何を頑張れば…」平井コーチの言葉信じて自らを鼓舞 (1/2ページ) - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)