スポーツ仲裁裁判所、朴泰桓選手の提訴を受理

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

6/29:スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、リオデジャネイロ五輪競泳の韓国代表に選出されなかった朴泰桓(パクテファン)選手が、韓国オリンピック委員会(KOC)と韓国水連の決定を不服とした提訴を受理したと発表した。

朴泰桓選手はドーピング違反による処分解除後も3年は代表になれないとする国内規定は「二重処罰」に当たり、無効としている。