【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

エフィモワ選手、薬物違反なしと結論

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

7/15:国際水泳連盟は、禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示したため、暫定的な資格停止処分を科した、ロンドン五輪女子200m平泳ぎ銅メダリストのユリア・エフィモワ選手(24・ロシア)が、薬物違反ではなかったという結論を出し、処分を取り消したとのこと。

エフィモワ選手はことし2月から3月にかけてのドーピング検査で、世界アンチドーピング機構(WADA)がことしから禁止薬物に指定したメルドニウムに、合わせて6回陽性反応を示したため、国際水連は3月に暫定的な資格停止処分を科した。国際水連は15日、WADAが先月30日に、メルドニウムについて「ことし9月末までに採取されたサンプルで、検出量がごく少量であれば、薬物違反と認めない」という見解を示したことから、「検出量がごく少量だったエフィモワ選手の薬物違反はなかった」と結論づけた。
この結果、エフィモア選手は、リオデジャネイロオリンピックに出場できることなったとのこと。