リオ五輪:女子100mバタフライで4位だった陳欣怡選手がドーピング違反で失格。池江璃花子選手が5位に

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

8/20:リオ五輪、競泳女子100mバタフライで4位だった陳欣怡選手が薬物検査で陽性反応を示して失格となり、6位だった日本の池江璃花子選手が繰り上がって5位になったとのこと。

陳欣怡選手は、禁止薬物の使用を隠すための「隠蔽薬」として禁止されている、ヒドロクロロチアシドに陽性反応を示し、失格となった。

・「競泳女子の中国選手ら 薬物違反で失格 | NHKニュース