ロシアの女子競泳選手がドーピング違反で4年間の出場停止

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

7/9:国際水泳連盟(FINA)は、検体がテストステロン(testosterone)の陽性反応を示したとして、ロシアの女子競泳選手ビタリーナ・シモノワ選手(Vitalina Simonova)に4年間の出場停止処分を科したとのこと。

シモノワ選手は2013年の欧州短水路選手権、女子200m平泳ぎで銀メダルを獲得している。

昨年6月に実施された競技外の検査で、禁止薬物の陽性が確認され、、2015年6月29日から2019年6月28日まで出場停止となる。