尿検査で屈辱感を抱く選手も…競泳藤森選手だけじゃない、厳しすぎるドーピング検査の功罪

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/5/20:ますます厳しくなるドーピング検査について取り上げた「尿検査で屈辱感を抱く選手も…競泳藤森選手だけじゃない、厳しすぎるドーピング検査の功罪 | ビジネスジャーナル」という記事がでています。

 
 先の藤森を始め、日本の五輪選手団は当然、禁止薬物撲滅、フェアプレー精神には賛同しているわけだが、「ちょっとやりすぎでは?」の声もないわけではない。