コナー・ドワイヤー選手がドーピングで1年8か月の出場停止処分。引退を表明

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/10/11:米国反ドーピング機関は、コナー・ドワイヤー選手(Conor Dwyer)が、体内にテストステロンのペレット(錠剤)を埋め込んでいたと仲裁委員会から判断されたことを受け、ドーピング違反で1年8か月の出場停止処分を科されたと発表した。

 USADAは当初、2018年11月15日、同27日、そして12月20日の抜き打ち検査でドワイヤーが陽性反応を示したとして、4年間の出場停止処分を求めていた。しかし、米国仲裁協会(AAA)は、同選手が医師の忠告を信頼して股関節にテストステロンの錠剤を埋め込んだ事実を考慮し、処分期間は1年8か月が妥当であると判断した。

ドワイヤー選手は2012年ロンドン五輪・2016年リオデジャネイロ五輪で男子4×200メートルリレー金メダルを獲得。リオネジャネイロ五輪では200m自由形で銅メダルを獲得したしている。

また、この処置を受け、ドワイヤー選手は引退を表明した。

この投稿をInstagramで見る

Today i’m announcing my retirement from professional swimming. It has been an incredible ride and I have accomplished more than my wildest dreams. It was an honor to represent my country alongside my teammates. Thank you to my coaches for teaching me that you can achieve anything if you out work everyone. To my mom who taught me how to swim, to my parents who took me to swim practice when it was 5am and subzero in Chicago and sacrificed so much for me because they believed in me and my dreams. Thank you to all my siblings and cousins for never missing a single meet, for being my rock throughout this unforgettable ride. To all the friends and teammates that have been there, old and new, I cherish every moment and memories we have made throughout the years. I have always felt that swimming chose me- it has and will always have a very special place in my heart. This is an unfortunate end to an incredible chapter of my life. I believe that things happen for a reason, and I can’t wait to share with you all the next chapter of my life.

Conor Dwyerさん(@conorjdwyer)がシェアした投稿 -