SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

マニーニ氏の処分を破棄 ドーピング疑いでスポーツ仲裁裁判所

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/2/27:スポーツ仲裁裁判所は、イタリアの反ドーピング機関が競泳男子100m自由形の元世界王者で既に引退しているフィリッポ・マニーニ氏(イタリア)に科した4年間の資格停止処分を破棄したと発表した。

マニーニ氏は2018/11にドーピング違反の疑いで処分が科されたが、スポーツ仲裁裁判所に不服の申し立てを行っていた。