朴泰桓(パクテファン)選手ドーピング疑惑:聴聞会対応チームの準備へ

      2015/02/03

[`evernote` not found]
LINEで送る

1/30:朴泰桓(パクテファン)選手(韓国・25)がドーピングテストで陽性反応を示した件で、国際水泳連盟(FINA)の聴聞会を控えた大韓体育会、大韓水泳連盟、パク・テファン側関係者らを含めた準備チームは、本格的な対応に入ったとのこと。

 非公開の会議では、FINA聴聞会対応の方向性、役割分担などについて協議が行われたとみられる。

朴泰桓選手は健康管理の一環で病院で打った注射剤から禁止薬物が出たものだが、これを認知できていなかったと主張したいる。また、病院側は該当注射に含まれた薬品に関しては把握していたが、スポーツ界のドーピング検査で問題になるということは知らなかったと語っている。

 しかし、現在の状況では朴泰桓選手に故意性がなかったとしても、懲戒を免れるのは難しいとみられている。