朴泰桓(パクテファン選手)ドーピング事件:リオ阻む国内規定に「改定論」も

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/24:国際水泳連盟が2008年北京五輪男子400m自由形の金メダリスト、朴泰桓選手(25・韓国)にドーピング違反で資格停止処分を科したことを受け、韓国メディアは、来年のリオデジャネイロ五輪出場の可能性が残り「最悪は免れた」などと報じたとのこと。

 出場を阻む国内規定があるが、早くも「改定論」が出始めた。

 大韓体育会は昨年7月、禁止薬物使用などで処分された選手は処分解除から3年間は韓国代表になれないとの規定を設けた。だが朴泰桓は韓国競泳初の五輪金メダルを獲得した国民的英雄で、五輪出場への道を開くべきとの世論が高まるのは必至。同会関係者は「議論となる事案。変更もあり得る」と述べた。