日本水泳連盟:サプリ摂取の実態調査実施

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/5/29:日本水泳連盟は常務理事会を開き、古賀淳也選手(第一三共)がドーピング検査で陽性反応を示したことを受け、国際大会の代表選手らを対象に、サプリメント摂取の実態調査を行うことを決めたとのこと。

 また、大学対抗の定期戦や各地方ブロックの大会で反ドーピングの講習会を行うとのこと。