SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

スポーツ庁初代長官に鈴木大地氏が有力に

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

9/3:政府は、スポーツ庁の初代長官に、日本水泳連盟会長の鈴木大地氏(48)を充てる方針を固めたとのこと。
10/1の同庁発足に合わせ就任する予定。

政府関係者は「知名度と若さ、組織運営の実績などを評価した」と。

 関係者によると、政府は日本スケート連盟会長の自民党の橋本聖子参院議員(50)や、ロサンゼルス五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏(58)らも長官候補として検討した。ただ橋本氏は、議員辞職する必要があることから周囲が反対。山下氏は全日本柔道連盟の副会長として組織再建に取り組んでおり、鈴木氏が有力となった。