日本水泳連盟:青木新会長で調整

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

9/18:日本水泳連盟は、スポーツ庁の初代長官に就任する鈴木大地会長(48)の後任に、青木剛副会長(68)を充てる方向で調整していることが関係者への取材で分かったとのこと。

10/24に予定していた理事会を9/30に前倒しし、理事の互選で新会長を選出する。任期は2017年6月まで。

日本水連は暫定的に青木氏を会長代行とすることを決めていたが、内閣府から正式に会長を選び直すよう指示された。