SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

水球:日本、中国にも競り負け、五輪消滅

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


1/27:五輪アジア予選兼アジア選手権最終日(千葉県国際総合水泳場

 男子「ポセイドンジャパン」は最終戦で中国に6―7で競り負け、3位に終わった。
残り42秒で勝ち越されて敗北。3位以内は4月の世界最終予選に回る権利があるが、日本水連はチームを派遣しない方針を固めたため、1984年ロサンゼルス大会以来、28年ぶりとなる五輪出場の夢は完全に断たれた。1位カザフスタンが五輪出場権を獲得、中国が2勝1敗で2位、クウェートは3戦全敗で最下位だった。

 前日にカザフスタンに敗れ、五輪出場条件の1位が消滅。そして中国にも敗れた。当初から日本水連は世界最終予選参加を見送る方針を示していたが、中国に勝って選手全員で出場を直訴することも考えていた。大一番での決定力不足に、主将の青柳勧選手(31)=ブルボン柏崎=は「戦術うんぬんより手元が狂った。選手が消極的になった」と。