特待生制度について高体連の見解

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/3:全国高体連は評議員会で、スポーツ特待生制度の設置や人員数などの具体的待遇について「各学校の設置者や校長等の判断に委ねる」という見解をまとめたとのこと。入学金や授業料の減免も各学校に任せる。第三者の介入や適正な範囲を逸脱する行為も、当該校で自主的に規制を求めるとか。