【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

JOC:“竹田体制で2020年大会”前提に定年規程改正へ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/2/18:JOCはことし行われる改選で竹田会長の続投を前提に、定年の規程の改正を進める方針だとのこと。

 
2020年東京大会の招致委員会で理事長を務めたJOCの竹田会長について、フランスの司法当局が贈賄に関与した疑いで調べていて、竹田会長は先月、記者会見を開くなど一貫して潔白を主張しています。

 
これについて東京大会の関係者などからは、1年半後に迫った大会のイメージ低下など、影響を最小限に抑えるため、ことし6月の任期までに竹田会長は退任すべきだという意見が出ています。

 
こうした中、JOCの平岡英介専務理事が18日、都内で取材に応じ、こうした「退任論」に対して「招致委員会として適正にやったことだが、竹田会長が個人攻撃をされている。JOCの中では竹田体制で2020年大会を迎えるべきだという意見は非常に強い」と述べ、竹田会長がオリンピック本番まで続投すべきだいう考えを示しました。

 
そのうえで、現在71歳の竹田会長が会長を続けるためには組織のガバナンス上「選任時に70歳未満」とするJOCの役員の定年規程を改正する必要があるとして、ことし6月の役員改選を見据えIOCの委員などを定年の例外とする規程の改正案を、来月の理事会に提案する方針を明らかにしました。