SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

2016年五輪開催計画書をIOCに提出<

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「asahi.com(朝日新聞社):東京は「コンパクト五輪」PR、最大ライバルはシカゴ - スポーツ



 2016年夏季五輪開催に立候補している東京、シカゴ(米)、マドリード(スペイン)、リオデジャネイロ(ブラジル)は、国際オリンピック委員会(IOC)に詳細な開催計画を提出し終えた。

10/2に行われるIOC総会で開催都市が決まる。



 東京は2/13に記者会見し、計画で「世界一コンパクトな会場配置」をうたい、射撃、サッカー以外のすべての会場を半径8キロ圏内に収めたことを明らかにした。大会理念については「戦後60年一貫して平和を貫いてきた日本で開催することで、平和の尊さを世界に訴える」と。



 対するシカゴは、オバマ米大統領の地元だ。近年の五輪招致では国家元首が成功に大きな役割を果たしている。東京と同様に、コンパクトな会場配置をアピールする。



 マドリードは92%と高い世論の支持とインフラ整備が完了していることなどを挙げて「最も安全な選択」と訴える。リオデジャネイロは南米初開催を前面に押し出し「五輪は南米の子どもたちに活力を与える」と。