田中優弥、インカレ100バタ初Vで五輪に名乗りだ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/9/2:日本学生選手権(インカレ、9/6~8|東京辰巳国際水泳場)で初優勝を目指す、田中優弥選手の紹介記事が掲載されています。

 
田中の持ち味はバネと切れ。7月のユニバーシアードの50メートルバタフライで、日本記録23秒27に0秒08差に迫る23秒35で泳いだスピードが真骨頂だ。「ベストのレースをして、51秒台のタイムを出すのが1番の目標。優勝という結果はあとからついてくる」。

 
下山好充監督(48)は「水沼(尚樹)の持っている自己ベスト51秒43に近い記録で優勝して欲しい」と田中に期待した。

 
狙いはインカレ優勝からの20年東京五輪代表入り。「来年の最終選考会で水沼さんとワン、ツーをやりたい。できればワンの方で」と田中は言った。