SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ISL(インターナショナル・スイミング・リーグ)2020:準決勝最終日。東京フロッグキングス、決勝進出ならず。ピーティー選手が短水路世界新

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/ 11/15:ISL(インターナショナル・スイミング・リーグ)2020(ハンガリー・ブダペスト):準決勝1組最終日。女子400m個人メドレーを大橋悠依選手、男子400m個人メドレーで萩野公介選手が征した。男子100m平泳ぎではピーティー選手が55.49の短水路世界新で勝った。東京フロッグキングスは4チーム中3位となり、決勝進出を逃した。

  • 男子100m平泳ぎに出場した小関也朱篤選手(ミキハウス)は56.24の好タイムながら3位。

・「競泳 国際リーグ 今井 日本記録に迫るタイム 100m個人メドレー | 競泳 | NHKニュース

  • 女子100m個人メドレーで今井月選手が池江璃花子選手の持つ短水路日本新に0.02と迫る57.77で勝った
  • 男子50mバタフライでは、川本武史選手が22.50で1位。
  • 女子200mバタフライでは、長谷川涼香選手が2:03.95で1位
  • 北島康介GMはオンラインで取材に応じ、「準決勝敗退で悔しい気持ちはあるが、いいチームを作ることができ満足しているし、選手たちに感謝したい。決勝に進めなかった要因は明確に力不足だと思う」「新しい水泳の価値を世界に発信できるツールだと思っている。水泳の魅力を発信していくために、もっともっと力を注いでいきたいし、リーグを大きくしていきたい」
  • 萩野公介選手は「連戦の影響で最後はタイムが落ちてしまったが、およそ1か月の間で5試合を戦うことができていい練習になった。世界のトップ選手が出場し、非常にいい経験になった」

・「ピーティが100m平泳ぎで55秒49の世界新記録 - 水泳 : 日刊スポーツ
アダム・ピーティー(2017年5月19日撮影)

  • 男子100m平泳ぎはアダム・ピーティ選手(25=英国)が、従来の世界記録55.61(2009年ファンデルバ選手)を0.12更新する55.49の短水路世界新

・「かえる軍団長谷川涼香、ISLで負けなし5連勝 - 水泳 : 日刊スポーツ

・「萩野公介、5連勝で自信「レースへのマイナスなイメージが全くない」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

・「Home Page - International Swimming League