渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。2分6秒台で世界新、その潜在能力。

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

1月、男子200m平泳ぎで世界記録を更新した渡辺一平選手の紹介記事「渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。2分6秒台で世界新、その潜在能力。」が掲載されています。

 大学の先輩ばかりではない。競泳は、日本代表選手たちをはじめ、互いを刺激としてばねにする雰囲気ができている。誰かが頑張れば自分も、とエネルギーにする。萩野公介と瀬戸がそうであるように、あるいは瀬戸と坂井がそうであるように。

「次は世界の大会で、自己ベストを出したいです」

 北島康介が歴史を築いてきた平泳ぎに、そして日本競泳界にまた一人、これからを担う選手が現れた。