SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

【SBS】に野口智博 著「速く美しく泳ぐ!4泳法の教科書」を追加

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

SWIMMING BOOK STOREに「速く美しく泳ぐ!4泳法の教科書」を追加しました



SWIMMING_BOOK_STORE_burner

「速く美しく泳ぐ!4泳法の教科書」の目次

PART1 速くきれいに泳ぐための4泳法共通の基礎知識

 水を押したときに働く力
 水をなでるように動かすと生まれる力
 「急に止まれない」性質を利用する
 正面から見た面積が大きいほど抵抗が大きい
  浮心と重心の間隔を小さくする
 波が身体にまとわりついてできる抵抗
 推進力が大きい+抵抗が少ない泳ぎ
 浮力を保つための呼吸のサイクル
 抵抗の少ないストリームライン
  肩甲帯を使ってより遠くでキャッチ 
  水の流れと動きの加速性の関係

PART2 クロール

 キャッチで水を大きくとらえる
 とらえた水を加速しながら押していく
 スナップをきかせて多くの水をとらえる
 フィニッシュ側の腕と同じ側の脚でダウンキック
 水中へ斜めにすべり込む姿勢を作る
 息を止める時間を作って浮力を維持する
 ドリル①片手スイム
 ドリル②キャッチアップ・クロール
 ドリル③ドッグパドル
 ドリル④片脚キック

PART3 背泳ぎ

 多くの水をとらえて加速的に押す
 身体を大きく傾けて深いところでキャッチ
 脚動作の切り替え時に蹴り上げる
 フィニッシュと同じ側の脚で蹴り上げる
 水中へ斜めにすべり込む姿勢を一瞬作る
 規則正しい呼吸で酸素を十分に取り込む
 ドリル①片手スイム(片手体側)
 ドリル②片手スイム(片手挙上)
 ドリル③両手バック
 ドリル④片手上げキック

PART4 平泳ぎ

 キャッチで水をとらえプッシュで蹴る
 ウイップキック ムチがしなるように打つキック
 ウエッジキック 膝への負担少 別名「カエル足」
 キック後一呼吸おいてストローク動作を開始
 肘や上腕で身体を前に送り出す意識を持つ
 腕のかき→キック→ストリームラインの順
 抵抗を小さくする姿勢のポイント
 キックと慣性でより長く進める姿勢をとる
 呼吸が苦しくなりがち 一定のリズムで息継ぎ
 ドリル①3K(キック)1S(スイム)
 ドリル②3K1S→2K1S→スイム
 ドリル③ドッグパドル
 ドリル④片脚キック

PART5 バタフライ

 腕の小さな面で水をたたかずに入水
 水を胸からヘソに集めるように腕を引く
 左右の膝を少し開いて蹴り下ろし、最後に閉じる
 エントリーで1回目、プルで2回目のキック
 抵抗が小さく+慣性を生かす姿勢のポイント
 息継ぎのタイミングで抵抗の大きさが決まる
 ドリル①アーム・ディレイド・スイム(リカバリーなし)
 ドリル②アーム・ディレイド・スイム(リカバリーあり)
 ドリル③3K1S→2K1S(グライドスイム)

PART6 スタートとターン

 スタートには三つの局面がある
 強くかつ速く台を蹴り、まっすぐな姿勢で入水
 小さい面に身体をすべり込ませて入水
 スタート台の先端を足指でしっかりつかむ
 上へ向かう力を後方へ向く力に素早く変える
 強く蹴ることができるタイミングを探る
 強く蹴るにはうつ伏せになるタイミングが重要
 横向きで上体を沈めて抵抗を少なくする
 ひとかきのベストタイミングをつかむ
 速いテンポで打つ 呼吸や疲労に注意
水泳用語集