SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

【泳ぎそして想う】競泳ヘッドコーチ・平井伯昌 ローザンヌで与えられた刺激

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/1/18:平井伯昌日本代表ヘッドコーチのエッセー「【泳ぎそして想う】競泳ヘッドコーチ・平井伯昌 ローザンヌで与えられた刺激」が掲載されています。

 ローザンヌ杯を選んだのは時期と場所の都合がよかったためで、ミュージアムの存在が念頭にあったわけではない。しかし、プール外にも競泳に取り組む意識を高めるきっかけがあふれていることを改めて思い知らされた。

今後は選手にこうした経験をさせることも考えながら、ナショナルチームの強化を進めたい。

 来年ほど結果に縛られない今年は選手、そして私たち指導者もいい意味でチャレンジしていける1年だ。行き詰まりを感じている選手は泳ぎの改革を試みたり、新たなトレーニング方法を取り入れたりしてもいい。指導者は2年後に世界で戦える可能性を秘めたタレントを発掘し、磨いていくチャンスでもある。