SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ「五輪レベルの選手は「外の世界」を知っている」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/8/10:平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチのコラム「五輪レベルの選手は「外の世界」を知っている」が掲載されています。

 
 ところが、東洋大学の教員として授業で学生に水泳を教えるようになって、新たな気づきがありました。学生たちは水泳の授業の合間に、アルバイトでの経験や海外旅行に行ったこと、ゼミで街おこしのボランティアに参加したことなど、いきいきと話します。楽しそうに語る学生の表情を見ながら、思いました。「競泳に打ち込んでいる水泳部の選手たちは、世界が狭いんじゃないか」と。

 一度だけ花を咲かせる水栽培ではだめだ。しっかり根を張って養分を吸い取って何度も花を咲かせる球根を育てたい。そうすれば活躍し続けられるし、水泳をやめたあとのセカンドキャリアにもつながっていく。駆け出しのコーチのころ、そう考えていました。それは今も変わっていません。