SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

「金メダルへのコーチング」国籍・所属も関係なし! 競泳国際リーグの試合で水泳のおもしろさ再発見

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/ 11/16:平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチのインタビュー記事「金メダルへのコーチング」国籍・所属も関係なし! 競泳国際リーグの試合で水泳のおもしろさ再発見が掲載されています。

 チームメートに様々な国籍の選手がいることが、いい刺激になっています。外国人選手は日本のコーチやトレーナーから学ぼうとする貪欲な姿勢が見られて、プロフェッショナルな意識を感じます。男子は入江陵介、女子はリオ五輪の800メートルリレーで優勝した米国のリア・スミスがキャプテンで、リーダーシップを発揮しています。

 
 日本の選手たちは世界のトップとの競い合いでレース感覚が磨かれ、試合が続く厳しい日程の中で練習もしっかりできています。

 私自身は一コーチとして水泳を愛する者として、その場その場でレースを楽しむというのはこういうことだったんだな、と思い出している感じです。かけ出しのコーチのころに戻ったような気持ちでいます。