飛び込み:寺内選手、引退会見

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「スポーツナビ|「完全燃焼した」と寺内 飛び込みの第一人者が引退



4/3:北京五輪で五輪4大会連続出場を果たした寺内健選手(28)が、東京都内で引退の記者会見を開き、17年間の競技生活を振り返って「練習は大変だったが、充実していた。(17年間は)ものすごく早く感じた。完全燃焼した」と語ったとのこと。

 北京五輪の後に「次の五輪を戦うぞという気持ちがアテネ五輪後に比べて少なかった」と、一線を退く理由を説明。

最も印象に残った試合に、3メートル板飛び込みで3位になり、五輪を含めて日本男子で初めて表彰台に立った2001年世界選手権福岡大会を挙げた。

4/13日付でミズノに入社し、水泳事業の企画、営業などに携わる。