飛び込み:日本選手権第2日

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

4/5:飛び込み日本選手権第2日目(5日・東京辰巳国際水泳場)男子3メートル板飛び込みで、寺内健選手(JSS)が520・55点の高得点をマーク、6年連続11度目の優勝を果たしたとのこと。
同一種目で11回の優勝は史上最多。
女子高飛び込みでは、北京五輪代表、中川真依選手(金沢学院大)が346・60点で2位。
優勝は浅田梨紗選手(JSS宝塚)が355・50点を挙げ、2年ぶり2度目の優勝。