飛び込み38歳寺内、6度目五輪へ12歳天才に学ぶ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/6/10:飛び込みで6度目のオリンピック(五輪)出場を目指す寺内健(38=ミキハウス)が10日、兵庫・宝塚市内で練習を公開したとのこと。

 
世界選手権(7月12日開幕、韓国)では全競技を通じて個人名での「東京五輪内定1号」のチャンスがある。坂井丞と組むシンクロ板飛び込みでは8位以内、個人種目の3メートル板飛び込みでは12位以内に入れば、五輪切符を手にできる。

 
同じJSS宝塚を拠点とする12歳玉井の存在も発奮材料になっている。「彼から受ける刺激は大きいし、今となれば、追いつけ追い越せ」と気合十分。