SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

コナミオープン2011:第1日目の結果

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「スポーツナビ | その他 | ニュース |男200平は冨田が優勝 競泳のコナミオープン
1/15:コナミスポーツクラブ本店西宮で行われたコナミオープン第1日目。
男子200m平泳ぎは冨田尚弥選手(中京大)が2:12.31で制した。立石諒選手(NECグリーン)は2:15.03の2位。
女子100m背泳ぎは寺川綾選手(ミズノ)が1:00.82で優勝。酒井志穂選手(ブリヂストン)が1:01.63の2位。
男子200m自由形は松田丈志選手(コスモス薬品)が1:48.65で優勝。
男子200m個人メドレーは高桑健選手(自衛隊)が2:01.69で優勝。

・「スポーツナビ | その他 | ニュース |松田が200自で大会新=競泳コナミオープン
女子100mバタフライは加藤ゆか選手(東京SC)が59.29で優勝。

・「松田、フォーム修正に手応え/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM
松田丈志選手は、昨年末に水の抵抗を軽減するため、従来よりも顎を引くフォームに修正。「例年より冬場のトレーニングが少ないのに、まずまずのタイムが出た。効率がいい泳ぎができている証拠」「今、僕が磨くべきはテクニック。フォームの方向性は見えた」と。

・「【競泳】冨田「底力」でライバル逆転 世界でメダル狙う - MSN産経ニュース
冨田選手は、目標設定した2分11秒台には及ばず、本人は「全然駄目」と苦笑いしたが、日本代表の平井ヘッドコーチは「底力がついている」と立石を150メートルすぎに逆転した内容を評価した。
 ほかの選手に比べてキック前に太ももを引きつける動きが大きいことが抵抗を生むと考え「いまは80度ぐらいの膝の曲がりを、45度以下にしたい」。「今は泳ぎを変えるのが楽しい」。

・「時事ドットコム:寺川、「最後の世界選手権」へ気合=競泳コナミオープン
寺川綾選手は「今の状態の中では力を出し切れた」
今季の目標について、「まずはしっかり(上海世界選手権の)代表権を取りたい。自分にとって最後の世界選手権になると思うので、納得できるものを出したい」。