コナミオープン2011:第2日目の結果

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「コナミ競泳、寺川が2冠達成 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
1/16に行われたコナミオープン2011(コナミスポーツクラブ本店西宮)第2日目の結果。
女子50m背泳ぎは、寺川綾選手(ミズノ)が28.75で優勝。前日の100m背泳ぎに続いて2冠を達成。
男子100m平泳ぎは、立石諒選手(NECグリーン)が01:02.18で優勝。
女子200m背泳ぎは酒井志穂選手(ブリヂストン)が2:09.49の大会新記録で優勝。
男子200mバタフライは、松田丈志選手(コスモス薬品)が1:58.02で優勝。

・「男子100自で藤井が大会新=競泳コナミオープン (時事通信) - Yahoo!ニュース
男子100m自由形は藤井拓郎選手(コナミ)が50.23の大会新記録で優勝。
男子200mバタフライは松田丈志選手(コスモス薬品)が1:58.02で優勝。
女子50mバタフライは加藤ゆか選手(東京SC)が26.64の大会新。

・「<競泳>二百バタ松田、百平は立石制す コナミオープン (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

・「<競泳>支援態勢整い松田が新たなスタート コナミオープン (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

・「[競泳]同大・福田が女子100平同着優勝…コナミOP:大学スポーツ:スポーツ:スポーツ報知大阪版
女子100m平泳ぎではの福田愛美選手(イトマン)が、鈴木聡美選手(山梨学院大)と1:10.30の同タイムで優勝。

・「[競泳]無名の上野バタフライ2冠!「日の丸」もぎ取るゾ…コナミOP:ニュース:スポーツ:スポーツ報知大阪版
男子50mバタフライで、上野樹也選手(21・SUN姫路)が24.83で優勝。100mと合わせて2冠。

高校時代は再三にわたって停学処分を受け、昨年3月には中京大を退学。地元に戻って懸命に練習に励む異色の「雑草スイマー」が、8月のユニバーシアード(中国)で初の日本代表入り、さらには来年のロンドン五輪出場を目指す。

 無名の男が、また勝った。非五輪種目の50メートルバタフライ。上野が、痛々しい傷痕が残る左足甲をかばおうともせず、好スタートを切った。「競ったら負けない気持ちで泳ぎました」。昨年10月に腫瘍摘出手術を受けて、同12月に復帰したばかりだったが、持ち前の闘争心で混戦を抜け出すと、24秒83で真っ先にタッチした。

 15日の100メートルは53秒41の大会新で制した。ともに、昨年のパンパシフィック選手権代表だった高安亮(コナミ)に競り勝っての2冠だけに価値は高い。日本水連の上野広治・競泳委員長が「正直言って、よく知らない選手。1年のいいスタートを切ったと思うけど」と目を丸くするほど、日本競泳界にはノーマークの21歳だった。

 異色の経歴だ。姫路市香寺中時代に「野獣」と呼ばれた荒々しい性格から、兵庫・市川高では1年間に3度、暴力沙汰で停学処分を受けた。それでも3年時の全国大会で100メートル2位などの好成績をマーク。名門・中京大へ推薦入学を果たした。1年生から主軸となったが、人間関係が合わずに2年で退学。「大学はいいけど、競技は続けたい」。昨年からは居酒屋などでアルバイトをしながら、地元のスイミングクラブで腕を磨いた。

・「立石プライドにじむ「負けられない」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM
立石諒選手は「100メートルは負けられない。ここで負けたら、僕はやることがないので」「昨年は100メートルを意識したスピード練習しかしていない」ことしは200メートルに必要な持久力強化に重点を置く考え。