SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

水着問題:早慶対抗大会、中村礼子選手スピード製水着試着

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

5/18:早慶対抗大会(東京辰巳国際水泳場)であり、中村礼子選手(東京SC、日体大出)がオープン参加。は100m背泳ぎで自己記録に次ぐ1分0秒02、200m背泳ぎでは自身の設定より3秒速い2:09.95の好タイムをマークした。中村選手はスピード社の水着を試着しており「タイムは思ったより速かった。世界記録を出している選手のほとんどがスピード社製水着を着ているので試したかった」と。
北島康介選手(日本コカ・コーラ、日体大出)は4月の日本選手権と同じミズノの水着を着て出場。右肩痛もあって100m平泳ぎで1:00.82、200m平泳ぎで2:15.10。
スポーツナビ|北島、試作品は着用せず=中村はスピード社水着で好記録−競泳
北島選手もスピード社製水着に「一応興味はある」と。しかし、契約の問題もあってか「意地悪な質問しないで。僕らはきちんと練習することが一番」とかわしたと。