JSCA全国ブロック対抗記録大会第1日:山口観弘選手優勝もタイムは平凡

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

10/13:JSCA全国ブロック対抗記録大会第1日(13日、相模原市立総合水泳場)山口観弘選手が男子200m平泳ぎに出場。世界記録より5秒以上も遅い2:12.18の大会新で優勝したとのこと。

 国体での快挙後は取材が殺到してプールに入る時間もなく、本格的な練習再開は今月から。山口はこの日のタイムを「予想より遅いと思った」と振り返りつつ、「この大会が悪い結果でよかった。コーチからも『これからが本当の戦い』と言われている。反省を踏まえて来季に向けて頑張りたい」と。

 


 山口選手は11月の競泳ワールドカップ(W杯)東京2012(2012/11/6~7・東京辰巳国際水泳場)、12月の世界短水路選手権(イスタンブール)にも出場する予定。