【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

競泳シドニーオープン第3日目:男女200mリレーで日本新!女子200m個人メドレーで大本里佳選手が好タイム

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/5/12:競泳シドニーオープン第3日目。男子200mリレーで日本チーム(塩浦慎理、中村克、松元克央、関海哉)が1:28.35(これまでの記録は2012年に樹立された1:28.69)、女子200mリレーで日本チーム(大本里佳、青木智美、白井璃緒、池本凪沙)が1:40.95(これまでの記録は2015年に樹立された1:41.03)の日本新で優勝した。

・「TOBIUO JAPAN Journal : 【競泳】オーストラリア合宿-シドニーオープン3日目-

・「瀬戸、初の51秒台に「よっしゃー」/競泳 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

男子100mバタフライは瀬戸大也選手(ANA)が51.94で優勝。

 
 瀬戸が初めて51秒台をマークして日本選手権覇者の水沼に快勝し「よっしゃー」と喜んだ。息継ぎの回数を増やして酸素をより多く吸い込む新たなスタイルで後半にぐいっと伸び「(得意の)200メートルへ、いいイメージをつけられた」と声を弾ませた。

 今大会は専門外の出場全3種目のうち2種目で自己ベストを更新。代表の男子主将として存在感を見せ「すごくいい手応え」と前を向いた。