KONAMI OPEN(コナミオープン) 水泳競技大会2015:前日練習、渡辺一平選手、入江陵介選手、松田丈志選手、鈴木聡美選手らインタビュー

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2/20:KONAMI OPEN(コナミオープン) 水泳競技大会2015(2015/2/21〜22|東京辰巳国際水泳場)の前日練習が行われ主要選手達がインタビューに答えたとのこと。

ユース五輪、男子平泳ぎ200m金メダリスト、渡辺一平選手(17・佐伯鶴城高3年)の紹介記事が掲載されています。

  • 身長192cm・体重76キロ
  • 練習では赤いキャップをかぶることが多く、あだ名は「マッチ棒」
  • 回転ずしでは44皿とうどんと空揚げをペロリ。
  • 多くの選手が15、16ストロークを要する最初の50メートルを13かきで進む。
  • 「まずはリオの代表に入るのが目標。そして、東京の200メートルは世界記録で金メダル。100、200メートルの2冠を目指したい」
  • 4月から早大スポーツ科学部に進学する

松田丈志選手は「(リオデジャネイロ五輪へ)スイッチの入った泳ぎができれば」「泳ぎはまとまってきた。余計なことを考えずに泳げる」。今大会後はフランスの準高地で約1カ月、合宿を張り、4月の日本選手権に備える。

入江陵介選手は、年末年始に数年ぶりの高地トレーニングを行ったといい、「タイムも中身も良いレースが出来れば」

鈴木聡美選手は、現在はロンドン五輪当時のフォームにパワーをプラスした新しい泳ぎを追求中。