SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

東京都新春水泳競技大会:金子選手が短水路日本新!長谷川選手が短水路高校新!北島選手好タイム!

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 


1/17:東京都新春水泳競技大会(短水路・東京辰巳国際水泳場)。男子200m背泳ぎで、金子雅紀選手(YURAS)が1:48.25の短水路日本新記録。これまでの記録は、入江陵介選手が(イトマン東進)が2014年12月の世界短水路選手権(ドーハ)で出した1:48.77。

 


女子200mバタフライは長谷川涼香選手が(東京ドーム)女子200mバタフライで日本記録まで0.33と迫る2:03.45の短水路高校新を樹立し「目標は日本記録だったので、悔しい気持ちもある」と。

 


1/16:北島康介(33=日本コカ・コーラ)が、男子100m平泳ぎに出場。58.18の好タイムで優勝。北島康介選手は「まずまずの出だし。思っていた通りのレースができた」と。
1/30・31には今年初めての長水路の大会、北島康介杯東京都選手権に出場する予定。

 


1/17:男子200m平泳ぎに出場した北島康介選手(日本コカ・コーラ)は、2:08.28で2位だった。「めりはりがなくぱっとしない泳ぎだったが、十分トレーニングを積めている自信はある。まずまずの成果」と。

 


北島康介選手は『KOSUKE KITAJIMA CUP 2016』で、「100なら59秒台、200なら2分10秒を切れれば自信になる」と。

また、同大会は、東京辰巳国際水泳場で行われ、入場は無料。優勝した選手や北島のサイン入りグッズが当たる抽選会も行われる。とか。

 


1/16:星奈津美選手が女子200mバタフライに出場し、2:07.5。
 平凡なタイムながら、五輪仕様の水着とゴーグルを使って泳ぎ「いい感覚であることを実感できた」と。