宇都宮で新体育館・水泳場の起工式 22年栃木国体に向け

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/5/16:栃木県が宇都宮市で整備を進める「総合スポーツゾーン」を構成する体育館と屋内水泳場の起工式が開かれたとのこと。

2022年の栃木国体に先立つ21年度の運用開始を目指す。

 バスケットボールなどに使用するメイン・サブ2棟のアリーナと水泳場に加え、トレーニング室や多目的スタジオなどを整備する。延べ面積は約3万8千平方メートルで、当初15年間の運営費用を含めた総事業費は316億円。