SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

北京五輪:「オリンピック期間の休日は定めない」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/7:全国人民代表大会の席で、趙鳳桐(チャオ・フォントン)北京市副市長が、「北京オリンピック中の市民の休日と交通渋滞問題について」のコメントを出した。趙副市長は、休日は設けず交通渋滞問題は交通規制によって解決したい、と述べたとのこと。

趙副市長は、「オリンピック開催期間中に休日は定めない。休日にすることで、交通渋滞の緩和が想定されるが、交通規制を設けることで対応する」と述べている。そして、その交通規制について趙副市長は、市民の理解が得られることを希望した。交通渋滞緩和の策として、「郊外から北京市内に入る車から、都市渋滞解決費を徴収してはどうか」という意見もあがっているが、趙副市長は「中国の首都として、北京市はそのような費用徴収を考えたことはない」と回答している。