SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

北京五輪:シンクロ日本代表 高地合宿回避

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

5/21:シンクロナイズド・スイミングの日本代表が、北京五輪前は高地合宿を回避することが分かったとのこと。
当初、中国・昆明を五輪前線基地の最有力候補にしていたが、五輪直前まで国内合宿で調整する。
昨年は1、3月に2週間ずつ、標高約1800メートルの昆明で高地合宿を行い、持久力向上。5月の日本選手権デュエットでは、最後まで素早い演技を持続し、スペインペアを下すなどの好結果を残した。
だが、弊害も伴った。高地トレは心肺機能に激しい負担がかかるため、体質的に合わない選手がいた。金子正子シンクロ委員長(63)は、「デュエットには効果が非常に良く表れたが、チームの何人かは体に合わず、結果も良くなかった」と。