SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

北京五輪:ドーピング検査にプロ千人を動員

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

4/30:北京オリンピック組織委員会によると、ドーピング検査だけで千人近くの専門家が必要になることがわかったとのこと。
検査管理官には幅広い薬物知識が求められるため、訓練と実習を積み、試験に合格した人だけが採用される。北京では検査数が過去最多、検査範囲もこれまで以上に幅広くなるため、最高水準の検査官を多数確保することが求められている。
一方ボランティア登録者の数も増え続け、パラリンピックもあわせて現在、48万8000人に上った。まず国内で募集を始め、3月末からは外国からも受け付けたところ、北京市内だけで29万4000人、その他国内から17万7000人、香港マカオ台湾などから1万7000人が登録を済ませた。