SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

北京五輪:[日本のメダル戦略] 競泳、全体合宿で一体感

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

『[日本のメダル戦略] 競泳、全体合宿で一体感』という記事が掲載されています。

「強化は所属、チームでは研修」。競泳日本代表の方針は明確だ。所属するクラブや大学のコーチが本番直前までの練習を担当し、代表合宿は「座学」で五輪に関するさまざまな知識を得る。メダルなしに終わった1996年アトランタ五輪の反省を踏まえ、続くシドニー五輪から実践する役割分担方式だ。