SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

埼玉インターハイで反ドーピング冊子配布

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

埼玉県内で2008年7月から8月にかけて開かれる全国高校総体の競技プログラムに、県は「ドーピング(禁止薬物使用)撲滅」を呼びかける啓発ページを盛り込むことにしたとのこと。

 高校総体では初の試みで、県は「薬物による健康破壊から選手を守り、競技の公平性を確保する反ドーピングの精神を若いうちに徹底したい」としている。
 競技プログラムは選手や関係者、観客に配布するもので、29の競技別に計10万冊発行する。ドーピング撲滅の啓発ページについては、全競技共通で盛り込む予定で、文面を県薬剤師会などと検討している。同じ内容を、大会ホームページにも掲載する。