SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

東アジア大会:日本代表選手はほとんどの選手が高速水着着用

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「スポーツナビ | その他 | ニュース |競泳陣は高速水着で 5日開幕の東アジア大会

 11/30:東アジア大会(香港・12/5〜)日本代表が、東京都内で合宿を公開し、万久博敏ヘッドコーチは、来年禁止される新型高速水着の着用について「今大会の成績にこだわる。ほとんどの選手が高速水着を着ると思う」と。



 入江陵介選手(近大)は、世界選手権で使ったデサント社製のラバー水着の予定で「世界新は厳しいと思う。意識して硬くならないように」と話した。

 中西悠子選手(枚方SS)は「日本新記録を狙う」と。



・「競泳の入江、最後の高速水着で東アジア大会挑戦 : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



入江選手は10月に感染性胃腸炎を患い、約1週間休んだものの、その後は順調に練習メニューをこなしてきた。



 ただ、この時期は水泳選手にとっては体作りが主体となるだけに、自己ベストを更新するのはなかなか難しい。入江も世界新については「やってみないとわからない」と控えめだ。それでも、調整過程の1月に日本新をマークしたこともあり、年間を通して波が少ないことも持ち味。「世界新は少し厳しいが、自己ベストを意識しつつ、いいレース展開で来年につながるラップで泳ぎたい」と、水着騒動に巻き込まれた1年を「平常心」で締めくくる構えだ。





・「入江、東アジア大会は高速水着で記録狙う 合宿公開(産経新聞) - Yahoo!ニュース



・「入江ら東アジア大会代表が練習公開 - スポーツニュース : nikkansports.com

中西悠子選手(28=枚方SS)は、「肉体は衰えているかもしれないけど、頭の中は成長していると思う」と。