SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

070324メルボルン世界水泳選手権第8日目

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/24:世界水泳2007メルボルン(3/17~・競泳競技3/25~4/1)第8日目の結果
チームFRで日本は銅 世界水泳選手権第8日
シンクロナイズドスイミングの最終種目、チーム・フリールーティン(FR)で日本(原田、川嶋、小林寛、小村、小西、松村、鈴木絵、橘)は芸術点が伸びず97・334点で銅メダルを獲得。
優勝は99・000点のロシアで、スペインが98・500点で2位。
日本はテクニカルルーティン(TR)では2位だったが、FRとTRとの合計で争う五輪など従来の得点方式に換算するとスペインに次ぐ3位となり、五輪、世界選手権で6大会連続2位から事実上の後退となった。
日本はシンクロの全7種目で銀2個、銅4個のメダルを獲得した。金はロシアが6個、フランスが1個。
シンクロのチームFR、日本は「銅」ノ世界水泳
日本、銅メダル獲得 シンクロ・チームFR
日本、チームFRで銅メダル=世界水泳第8日
水球男子、セルビアに破れ、3戦全敗 世界水泳
水球男子の1次リーグ、A組の日本は3—18でセルビアに敗れて3戦全敗。
13~16位決定予備戦に回ることになった。
「アジア大会は間違い」=世界水泳・シンクロ

鈴木絵は「アジア大会の結果が間違いだったと結果で表せた」と喜んだ。ただ、2位スペインにいつもは後れを取る芸術点で上回っていたことを知ると「あとちょっとだったので悔しい」とも。

メダル逃しても五輪へ手応え=寺内、大舞台で500点突破 世界水泳
3大会ぶりのメダルにあと一歩届かなかった悔しさは確かにある。だが、寺内は「晴れ晴れした気持ちもある」と笑顔を交えて付け加えた。それだけ得たものも大きい戦いだった。