SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

2010〜12年の日本水泳選手権で準決勝を導入

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

10/21:日本水泳連盟は、2012年ロンドン五輪を想定し、2010〜12年の日本水泳選手権で準決勝を導入する計画を発表したとのこと。
通常は4日間で実施している大会を6日間とし、五輪代表選考会を兼ねる12年大会は7日間で実施する案もあるとか。
北京五輪までは、競技役員の確保が難しいなどの理由から、五輪代表選考会を兼ねた日本選手権のみで準決勝を実施していた。
上野広治競泳委員長は「五輪本番をにらんだ強化となる。12年は競技順序も本番と合わせる形で実施したい」と話した。