SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ロンドン五輪日本代表、高地トレーニングは予定通り

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


5/8:日本水泳連盟は、常務理事会を開き、ロンドン五輪に向けて競泳日本代表の一部が6月から予定していた米アリゾナ州フラッグスタッフと、フランス・フォントロミューで実施する予定の高地トレーニングを、当初の計画通り実施することを決めたとのこと。

 アレクサンデル・ダーレオーエン選手(ノルウェー)が高地合宿中に急死。
日本水泳連盟では、選手の精神面への影響などを考慮して再検討した結果、同選手の死と高地との因果関係が明らかにならなかったほか、「選手から参加したいという強い希望があり、万全を期した上で実施しようとの結論に至った」(泉正文専務理事)と。

 実施にあたっては、出発前に低酸素下の状態で心電図を測定したり、医師を帯同したりして安全管理体制を強化する。