SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

岐阜県:バルセロナ世界水泳、小長谷選手・金藤選手が報告。東アジア大会、野村選手・今井選手抱負を語る

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

9/1:【バルセロナ世界水泳選手権】(バルセロナ・2013/7/19〜8/4|競泳競技7/28〜8/4|特集公式HP|)と、天津東アジア大会(中国・天津 2013/10/6〜15|選考基準)の壮行会が、岐阜市長住町のホテルリソル岐阜で開かれたとのこと。

岐阜県からはバルセロナ世界水泳選手権には小長谷研二選手(コパンSS)金藤理絵選手(JAKED)が出場。東アジア大会には、野村陵太選手(濃尾電機)と今井月選手(岐阜西中1年)が出場する。

 小長谷選手は「決勝の舞台を楽しみ、自分の力を出し切れた」と振り返り、金藤選手は「目標のメダル獲得は果たせなかったが、東京国体では世界選手権以上の結果を残したい」と前を見据えた。

 東アジア大会に出場する二人は、初の日本代表入り。野村選手は「これまでの練習が実った。一番高いところを狙う」、今井選手は「日の丸を背負うのはちょっと緊張するけど、体の大きい選手にも負けないように頑張りたい」と。