SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

フェルプス選手、リオ五輪が最後の挑戦。400m個人メドレーは出場せず

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

4/18:マイケル・フェルプス選手(米国)が、NHKなどの取材に対し、「リオデジャネイロオリンピックが最後の挑戦になる。代表選考会で敗れればそこで終わりだ」と述べ、この夏のオリンピック挑戦を最後に現役を引退する考えを明らかにした。

また、オリンピックで目指す種目については、「まだ決まっていないが、400メートル個人メドレーには絶対に出ない」と語ったとか。

30歳のフェルプス選手は、前回ロンドンまでの夏のオリンピック3大会で、ともに史上最多となる、金18個、通算22個のメダルを獲得し、「水の怪物」の異名を持つ競泳界のスター選手です。400メートル個人メドレーとバタフライ2種目の合わせて3つの個人種目では現在も世界記録を持っています。